日本の教育はおかしい|優等生が見た問題点


日本の教育にいい印象の少ないJokerです。

ただ英語ができない「だけ」で、日本人は世界でこんなに大損している 私が子供を海外で学ばせる理由という記事を読んでちょっと引っかかる点がありました。

元記事による、子供を海外で学ばせる理由

・英語を使いこなせるだけでチャンスが全然違う
・教師と施設の質が段違いにいい
・逆に強い母国愛を持つようになる

上記記事より

「子供を海外で学ばせる」と書いてありますが、大規模なインターナショナルスクールということです。

日本の教育がクソだから海外に逃げるってだけでしょ

理由がつらつら書いてありますがようは海外に逃げようってだけです。

日本の教育は一流ではないというのは事実でしょう。大学まで真面目に授業を受けましたが英語を扱えるようにはなりませんし、「でもしか」先生なんて言葉があるくらい教師の質は低いです。

日本の教育を良くする努力はどこに行ったのか

画一的で多様性を認めないが、一定水準は担保された教育

日本の教育は事細かに、使う教科書まで定められています。これは一定の水準を維持する効果がある一方で、組織性を重んじ、画一的で多様性を認めず、出る杭を打ち落ちこぼれを置き去りにする教育です。

勉強の得意な子、苦手な子

私は、小中と学校の授業が退屈で退屈で仕方ありませんでした。人よりはるかに理解力が高く、1を聞いて10を知るような子供だったからです。とにかく勉強するのがアホらしくてアホらしくて仕方なかった。適当にやったってテストで9割は堅いですし、宿題なんて無駄に思えたので無視でした。今の日本の教育だと勉強の得意な子供をぶっ潰しにかかります。

逆に、勉強について来られない子もいました。あまり仲良くはなかったのですが、勉強できないとそれだけで自信を喪失します。こういう子供が得意なことをやって評価される場があっても良いのではありませんか。

多様性を認め、海外に負けない教育を

私が考える日本教育の問題点は3点です。

1、教師の質、多様性が低い
2、子供の多様性を認めない
3、言葉に関する教育がゴミ

教師の質、多様性が低い

日本における教師は大学の教育学部を卒業してろくな社会経験も積まずに先生になった人間です。時期によっては「でもしか」先生なんて言葉があるくらい、低く見られた職業でもあります。そんな人だけが教育に携わっていて良いのでしょうか。

もっと様々な世界の一流の人が短期的に子供の教育に関わる制度があっても良いのではありませんか。

子供の多様性を認めない

これについては先ほど書いた通りです。

もっと選択肢があっても良いのではありませんか。皆が皆同じ年次で進学して同じように学校を出て同じように就職するなんておかしな世の中です。

言葉に関する教育がゴミ

いい加減カリキュラム見直せよと無責任に考えています。どうすれば良くなるのかわからないのででかいことは言えませんが。

まとめ

なぜ皆海外に逃げるばかりで日本の教育を良くしようとしないの?

以上、日本の教育はおかしい|優等生が見た問題点でした。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする